喜ばせる技術、
 選ばれる企業。

私たちは特化した建設技術と、
付加価値と改善に
こだわった独自の管理手法で、


地域の社会資本整備や企業の
設備投資に積極的に携わり、
住民の皆様や顧客の皆様に
満足をいただける仕事をします。

その成果として、適正な利益を確保し、
従業員とその家族の生活を守り、
かつ地域の社会に貢献する行動をします。

  • 社長挨拶

    道を拓く。

    代表取締役社長 森崎英五朗

    弊社は、昭和14年に創始者?故森崎鼎が大倉土木(現大成建設)より福岡県勝田運炭線工事を御下命頂き、万難を克服し、その工事を完成させた時に端を発します。

    以来、大成建設の専門工事業者として誠実施工をモットーに「トンネル屋」としての基礎を固めて参りました。 昭和32年6月森崎工務所として富山県知事登録を受け、当時、世紀の大工事といわれた黒部第4発電所工事に参加し、高熱隧道等の難工事に挑戦し、安全面、施工面共に優秀な成績をもって突破する事ができました。

    続いて、福島県と山形県をつなぐ万世大路?東栗子トンネルを御下命頂き、この工事を機会に東北地方こそ当社の発展につながる道と決め、福島市に居を構え、昭和41年3月17日寿建設株式会社を設立致しました。

    その後、トンネル専門工事業に留まらず、国土交通省?福島県?福島市等の官庁工事、一般土木工事へも事業を拡げ、全国を飛び回るトンネル屋でありながら福島県の地場ゼネコンという建設会社として発展して参りました。

    時代が移り変わり、公共工事の削減で建設産業が厳しくなっていく中、平成13年より「トンネル屋だからこそ出来るトンネル補修工事」という視点でリニューアル工事事業の取り組みを開始し、新技術の開発をしながらあらゆる発注者様に提案を行い、国道や県道だけでではなく、鉄道や高速道路でも当社技術を取り入れていただけるよう展開して参りました。

    「トンネル専門工事」「地元ゼネコン」「トンネル補修」という3つの技術を武器に、常にお客様を「喜ばせる」という意識で事業展開し実績を積んだことで、トンネル工事の直接(元請)受注?施工までも実現しました。

    当社ならではの技術力と管理力、そして積極的な安全管理で、地域の皆様に皆様に喜んで頂ける建設会社へと道を拓いて行く所存でございます。何卒よろしく御支援、御愛顧下さいます様、お願い申し上げます。

会社概要

名 称 寿建設株式会社
所在地 〒960-0231 福島市飯坂町平野字東地蔵田8-1

TEL024-543-0511 FAX 024-543-0514
設 立 昭和41年3月17日
代表者 代表取締役社長 森崎 英五朗
資本金 35,000,000円
許可番号 福島県知事(特-28)第17185号
許可年月日 平成28年9月25日
許可業種 土木工事業/建築工事業/大工工事業/とび土工工事業/石工事業/屋根工事業/タイル?れんが?ブロック工事業/鋼構造物工事業/ほ装工事業/しゅんせつ工事業/塗装工事業/内装仕上工事業/水道施設工事業
取引銀行 常陽銀行福島支店/福島信用金庫北支店/東邦銀行平野支店
会社役員 代表取締役社長         森崎英五朗
代表取締役副社長      森崎達之助
常務取締役         冨髙己知人
常務取締役         石塚  浩
監査役             森崎  俊紘

社是

職場是命 工人是宝

企業理念

喜ばせる技術 選ばれる企業 

企業目的

私たちは特化した建設技術と、付加価値と改善にこだわった独自の管理手法で、地域の社会資本整備や企業の設備投資に積極的に携わり、住民の皆様や顧客の皆様に満足をいただける仕事をします。その成果として、適正な利益を確保し、従業員とその家族の生活を守り、かつ地域の社会に貢献する行動をします。

会社組織

工事第1部 主にトンネル工事、シールド工事等を主体とした地下工事担当
工事第2部 主に地元公共工事、民間工事等を主体とした一般土木工事担当
工事第3部 主にトンネル補修工事を主体とした構造物補修工事担当
安衛品環室 工事全般の安全、衛生、品質、環境管理の業務支援担当
総合管理室 本社の総務?経理業務全般担当
営業管理室 本社の営業業務全般担当
会社組織図 

会社沿革

  • 昭和24年 創業者森崎鼎(かなえ)が独立
  • 昭和25年 7月三重県柘植町鴉山池新設工事初受注(14,559,000円)
  • 昭和32年 森崎工務所とし富山県知事登録
  • 昭和33年 黒部川第4発電所第5工区乗り込み、高熱ずい道等難工事を施工
  • 昭和38年 福島市移転、東栗子トンネル着工
  • 昭和41年 寿建設株式会社設立、森崎鼎(初代)社長就任
  • 昭和54年 森崎俊紘代表取締役就任
  • 昭和56年 福島市北沢又本社建設
  • 昭和57年 完成工事高5億円達成
  • 昭和58年 シールド工事初受注
  • 昭和60年 完成工事高10億円達成、森崎鼎引退
  • 昭和61年 福島県建設業協会入会
  • 昭和63年 完成工事高15億円達成
  • 平成 5年 福島市平野本社ビル完成
  • 平成14年 阿武隈川トライアスロン運営開始
  • 平成18年 森崎英五朗代表取締役社長、森崎達之助代表取締役副社長就任
  • 平成26年 国土交通省東北地方整備局「工事成績優秀企業」認定(平成26年、27年)
  • 平成28年 厚生労働省福島労働局「安全衛生優良企業」認定(平成28~30年)
  • 平成29年 経済産業省「健康経営優良法人」認定(平成29年、30年)
欧美精品videossexohd_国模熊春雨大胆啪啪图_奈何boss要娶我